自動運転の視覚「フラッシュLiDAR」で注目の米Sense Photonicsの技術

2017-08-24_00h03_35 IT総合
シリコンバレーの新興企業センス・フォトニクス(Sense Photonics)は、自動運転テクノロジーの視覚と呼ばれるLiDARの価格を引き下げると同時に、より目立たないものにすることを目指している。現状の自動運転車の大半は、屋根の上に回転するコーヒー缶のような機器を設置して、そこからレーザービームを照射することで、周囲の車両や建物、交通標識、歩行者などを検知している。しかし、これらのデバイスは不
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました