組織委理事約20人が開会式の中止か簡素化を要望するも、武藤事務総長らは強行へ

IT総合

1:孤高の旅人 ★ 2021/07/23(金) 05:46:24.77 ID:UGN9UTiD9
東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事約20人が、23日に行われる東京五輪開会式の中止か、簡素化への変更を同組織委・武藤敏郎事務総長に申し入れていたことが22日、分かった。同理事らは21日に五輪・パラリンピックの開閉会式の楽曲を担当する小山田圭吾氏のいじめ問題について、22日には開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」として統括役を務めていたた小林賢太郎氏のホロコーストを揶揄(やゆ)する発言について、臨時にオンラインでの会議を行った。 ある理事は「2つとも大問題。急きょ、会議を行うことになった。小林氏は開会式の演出全体の調整役と聞いている。それだけに、これまで通りの演出で開会式を行えば、世界中に小林氏の発言を認めたと取られてしまう」と危機感をあらわににした。そのため、小林氏が演出に一切関わってない開会式にするためには、中止にするか、各国・地域の選手の入場行進、聖火点火、開会宣言のシンプルなものにするしかないと会議に出席した理事全員が同意したという…続きはソース元でhttps://news.yahoo.co.jp/articles/32c15506044f8e7cd019bb6bb779a3bf00da42bb
続きを読む

Source: IT速報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました