竹中工務店、四足歩行ロボットで現場の管理業務負担を10%削減

2017-08-24_00h03_35 IT総合
竹中工務店と竹中土木は9月14日、米Boston Dynamicsの四足歩行ロボット「Spot」を活用した実証実験を通じて、建設現場における自動巡回と遠隔操作による業務支援を実現したと発表した。工事記録写真の撮影、工事の進捗管理、資機材の配置管理など、建設現場で行われるさまざまな管理業務にかかる負担を10%程度削減できるという。
竹中工務店など4社、RFIDタグを電波により読取るセンシングシステム
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました