ブロックチェーンが創る次世代金融 注目の「DeFi(分散型金融)」とは?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
「ブロックチェーン」はビットコインなどの暗号資産に使われていることで知られていますが、他にもさまざまな活用法が生まれています。その中でも、ブロックチェーン上に構築された金融アプリケーション「DeFi(Decentralized Finance/分散型金融)」は市場規模が数十倍に拡大しており、次世代金融システムとして大いに期待されています。「DeFi」とは?「CeFi」との違い (画像=photon_photo/stock.adobe.com)DeFiは、ブロックチェーン技術を活用して銀行や証券、暗号資産などさまざまな金融サービスを提供するシステムです。取引に関するすべての情報をブロックチェーンに記録し、契約プロセスを自動化することで特定の仲介者や管理主体を排除すると同時に、取引の透明性や利便性の向上、業務の効率化を目指しています。現行のDeFi関連サービスは、イーサリアムの機能であるスマートコントラクト(ブロックチェーン上で契約を自動実行する仕組み)を基盤とするものが主流です。暗号資産の取引では、「CeFi(Centralized Finance/中央集権型金融)」というシステムも採用されています。CeFiでは、すべての取引が金融機関や暗号資産取引所などの中央管理者を介して処理・管理されます。DeFiの3つのメリット「既存の金融システムを塗り替える」と期待されているDeFiには、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました