「乗っておくべきスポーツカー」500万円以上で選ぶベストモデル

マーケティング
ライトウェイトと適度なサイズ、そこは外せない。 スポーツカーにとって、ライトウェイトと重量バランス、そしてサイズは重要項目である。500万円以上の予算があるとしても、重視すべきはまず車重。上位には軽量コンパクトな2台を選択。予算に上限がないならば、魅力的なスーパーカーの世界が広がる。アストンマーティンと国産スーパースポーツを代表する2台は大いに魅力的。パフォーマンスとともに、持て余さないサイズを尊重したモデル選びである。 1位:LOTUS Elise ロータス・エリーゼは往年のフォーミュラカーそのままの構成を採用したMRスポーツ。シャシーは高硬度のアルミを曲げ加工しエポキシ系接着剤で組み上げたバスタブ型、エンジンはミッドシップマウント、ボディはFRP製だ。軽量でシンプルな構造と、操縦安定性こそが名門ロータスのこだわり。1996年の販売開始から実に25年、いよいよ有終の美を飾るが、走りの実力は現在でも素晴らしい。矢のように進む直進性と、ステアリング操作と同時に切った方向にシャープに曲がるハンドリング特性は世界最高レベル。エンジンの荷重を受け止め駆動する後輪は、接地感をリアルにドライバーに伝える。イメージどおりにパワーオーバーステアを作り出せるのもエリーゼの真髄。低い着座姿勢も心地いい。エンジンはトヨタ製1.8リッター直4スーパーチャージャー。220psのパワーで軽快に豪快に加速し、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました