貨物輸送業向け生産性プラットフォームの英Vector.aiがシリーズAで約16.5億円を調達

2017-08-24_00h03_35 IT総合
コロナ禍でサプライチェーンに負荷がかかり続ける中、ここ2年間は貨物輸送業がスタートアップで最も熱い分野の1つになっている。実際、世界の貨物輸送業は1990億ドル(約21億9000億円)規模の市場になっている。そして、熱い分野である証拠もどんどん増えている。
2020年11月にデジタル貨物フォワーディングのFortoは、Inven Capitalが主導するラウンドで新たに5000万ドル(約55億円)を調達した。2021年4月にはNuvocargoが1200万ドル(約13億2000万円)を調達し、貨物ロジスティクス業界のデジタル化を手がけている。同年5月には貨物輸送業プラットフォームのZencargoが4200万ドル(約46億2000万円)を調達し、6月には貨物フォワーディングのsennderが10億ドル(約1100億円)以上の評価額で8000万ドル(約88億円)を調達した。7月には貨物輸送業者の輸送費管理を簡単にするFreightifyが250万ドル(約2億7500万円)を調達した。
関連記事:欧州の物流業界に一石を投じる貨物フォワーディング企業Sennderが約88億円調達、評価額約1100億円超えに
そして米国時間9月13日、AIプラットフォームで貨物輸送業者の生産性を向上する英国のVector.aiが、米国のVCであるBessemer Venture Partnersが主導する

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました