会計ソフトIntuitが約1兆3200億円でのメールインフラMailchimp買収と認める

2017-08-24_00h03_35 IT総合
米国時間9月13日午後、Intuitは同社がMailchimpの買収を進めているという根強い噂を認めた。120億ドル(約1兆3213億円)が投じられることで、有名なメールインフラ企業は同社の傘下に加わることになる。
Intuitは、メールマーケティングで知名度が高いとはいえないが、税金の計算をするソフトウェアTurboTaxでよく知られている(これと関連してレントシーキングの継続を求める政府へのロビー活動でも)。また最近では、Credit Karmaの買収と、やや昔に行ったMintの買収でも知られている。
Mailchimpの買収は現金と株の両方で行われる。
「なぜIntuitは、時価総額の10%も使ってメールマーケティング企業を買うのか?」今、あなたの頭の中に疑問が湧いていても当然だ。
プレスリリースによると、Intuitは、この買収が「同社による世界中の繁栄の強化と、同社がAIによるエキスパートのプラットフォームになることを促進する」と考えているという。いつもなら、同社のビジネス口調を読みやすい口調に翻訳すべきだが、ちょっとむずかしい。
同社はもっとわかりやすく、Mailchimpの買収で、同社が前から共有していた2つの戦略、すなわち小企業の成長のためのセンターになることと、小企業のミッドマーケットに革新をもたらすことを加速できるというべきだった。
この方がずっとわかりやすい。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました