人工衛星の観測情報を活用することで天気予報の精度が向上、東大生研が確認

2017-08-24_00h03_35 IT総合
東京大学(東大)と日本気象協会は9月14日、人工衛星を用いて観測された大気中の水蒸気同位体比のデータを、水同位体を含んだ大気大循環モデルによる推定と組み合わせる「データ同化」を行うことにより、水蒸気同位体比そのものだけでなく、大気中の気温や風速の予測精度が改善することを実証したことを発表した。
東大とJAXAの河川流量予測システム、30時間以上前に氾濫予測が可能なことを確認
同成果は、日本気象協
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました