なぜゼネラルモーターズは人を死に至らしめる鉛をガソリンに入れたのか?

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
1900年代、人体にとって有害であるはずの鉛が、自動車会社のゼネラルモーターズ(GM)主導でガソリンに混入されました。当時から鉛は人を死に至らしめると認識されており、実際に鉛入りのガソリンにより多くの健康被害が報告されました。それにもかかわらずなぜGMは鉛を混入させ続けたのか、危険性が指摘されてはいなかったのかなどの疑問について、ジャーナリストのキャット・エシュナー氏が解説しています。続きを読む...
Source: ギガ人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました