フラッパーレスのポール型改札が登場! バス・鉄道での顔認証乗車の実証実験

IT総合
山万株式会社・パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社(以下、CNS社)・ジョルダン株式会社は、山万が開発するユーカリが丘ニュータウンにおいて、バス・鉄道での顔認証乗車システムの実証実験を開始します。
対象は約100名のモニターで、期間は2021年9月15日~2022年1月31日(予定)です。
「顔」ひとつで乗車・決済
同実験には、CNS社の顔認証技術とジョルダンの決済・チケット管理システム「JorudanStyle3.1」を活用。バスや鉄道に乗車する際に、現金の支払いやチケットの提示を行うことなく、顔認証のみでスムーズな乗車・決済を実現します。
鉄道駅改札には、CNS社が開発したフラッパーレスでポール型という新デザインの顔認証システムを設置。このシステムが通行者の本人確認を行い、「JorudanStyle3.1」でチケット情報確認を即時に実施し通行を管理します。
同実験を通じ、近未来を想像させる新しい公共交通スタイルの可能性、利用者の利便性、実用性、街のサービスとしてのあり方を検討していくとのことです。
「ユーカリが丘版MaaS」へ向けて
ユーカリが丘ニュータウンでは、「ユーカリが丘版MaaS」の実現へ向けた取り組みを推進中。その一環として、山万・CNS社・ジョルダンは2021年5月10日より「ユーカリが丘コミュニティバス」で顔認証乗車の実証実験を実施しました。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました