SBI証券とNEC、インサイダー取引の審査業務にAIを導入

IT総合
近年、金融サービスのデジタル化に伴い不公正取引の手口が複雑化・巧妙化しているといいます。これにより、金融サービス提供者が行う不公正取引の監視業務の負荷も増しているようです。
そんな中、株式会社SBI証券は、2019年12月に日本電気株式会社(NEC)が提供する「NEC AI 不正・リスク検知サービス for 証券」を導入し、相場操縦など不公正取引の審査業務の強化・効率化を図っています。
そしてこのたび、業務負荷が高いとされるインサイダー取引の審査業務にもAIを導入し、2022年度より運用を開始すると発表しました。
審査業務にかかる時間を約90%短縮
今回導入されるAIは、SBI証券が保有する数年分のインサイダー取引に関する取引データや重要事実データ、株価データ、内部者データなどを学習。そして、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」のひとつで、データ同士の関連性から多数の規則性を自動で発見し、分析に必要な規則性を自動で適応することができる「異種混合学習技術」を活用しています。
大きな特徴な、インサイダー取引の疑い度合いを高精度にスコアリングできることと、その分析結果の根拠を説明できるということでしょう。
このAIは、2020年度より実証を進めており、一次審査にかかる時間を約90%短縮できることが確認されています。これにより、審査担当者は一次審査を効率化し、より詳細な審査

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました