「Zに乗ってると気合が入る」つるの剛士が、みんなに教えたくなるバイクの楽しさとは?

ガジェット総合
バイク王のCMでもおなじみのつるの剛士さん。当然ながらバイクへの愛も深く、現在はZ900RSのほかにもドゥカティ400SSジュニアなど6台を所有。そんなつるのさんに、Z900RSのカスタムからバイク業界の中での自分の役割など詳しく伺いました!
(撮影・構成・丸山剛史/執筆:背戸馬)
 
【つるのさんのZ900RSの画像はこちら】






●つるの剛士 1975年5月26日福岡県生まれ。藤沢市在住 。「ウルトラマンダイナ」のアスカ隊員役を熱演した後、2008年に“羞恥心”を結成しリーダーとして活躍。将棋・釣り・楽器、サーフィン・野菜作りなど趣味も幅広く、好きになったらとことんやらなければ気が済まない多彩な才能の持ち主。 二男三女の父親。
 
Z900RSのカスタムポイント
――つるのさんのバイクといえば、このZ900RSですね。出会ってどれくらいになりますか
 
つるの 2年弱ですね。僕はこのZ900RSが初めての大型バイクなんですよ。車とかバイクで旧車に乗ってきた経験から、部品が出てこないとか、出先で壊れるとかのトラブルに懲りちゃってまして。そのストレスで、大型バイクを嫌いになったらイヤだなと思って、初めての大型バイクは現行車にしようと。
 
――でも、やっぱり目指すのは旧車のスタイリング?
 
つるの 旧車のZ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました