XRコンテンツアワード「NEWVIEW AWARDS 2021」、追加情報発表!

IT総合
株式会社Psychic VR Lab、株式会社パルコ、株式会社ロフトワークによる共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」が開催する「NEWVIEW AWARDS」。2018年の初開催から、AR作品も対象とするXRアワードとして開催された第3弾までに、世界15ヶ国から622作品がエントリーされ、現在XRシーンで活躍する才能を見出しています。
そして第4弾となる「NEWVIEW AWARDS 2021」の開催も決定。2021年11月1日12:00(日本時間)まで作品を募集中です。8月に、同アワードの新テーマや審査員、スポンサープライズなどが発表されましたが、このたび追加情報が発表となりました。
8月の発表内容をおさらい
「NEWVIEW AWARDS 2021」は、「ポストリアリティとノーノーマル」というテーマのもと、「STYLY」を使って制作・公開されたVR・AR作品を募集中。パンデミックを契機に更新され続けるリアリティを問い、XRでアート・エンターテイメント・コミュニケーションに新たな座標軸を現出させることをお題としています。
審査員長は、前回に引き続き宇川直宏氏。審査員としてゾーイ・ブローチ氏(英国)、ルー・ヤン氏(中国)など世界的なデザイナーやアーティストが決定しており、その中にアジア初のバーチャルヒューマン「imma」も名を連ねています。
プライズは、グランプリに相

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました