ドイツ長期金利、半年程度マイナス圏の横ばい推移に

マーケティング
(画像=PIXTA)ドイツ長期金利は半年程度マイナス圏の横ばい推移にT&Dアセットマネジメント チーフ・ストラテジスト 兼 ファンドマネジャー / 浪岡 宏週刊金融財政事情 2021年9月7日号 ドイツの長期金利は、6月下旬から8月上旬までの間に0.3%を超える低下を見せた。今後の推移について、①米長期金利、②ユーロ圏の5年先スタート5年物インフレスワップ・フォワードレート、③ドイツの経済政策不確実性指数──の3指標から考えてみたい。ドイツ長期金利の前月差と、各指標の前月差の正負符号一致率(または不一致率)は相応に高く(同方向への推移が多いほど正負符号一致率は高くなる)、関係性が深いとみられるためだ。 ①は、ドイツ長期金利と動きが似ており、正負符号一致率(2010年以降。以下同じ)は76%と高い。これまで力強かった米経済指標は足元で強弱入り混じる状況となっている。指標の弱さの背景には、コロナ変異株による感染拡大への懸念など一時的なものもあるとみているが、経済のピークアウトという可能性もあり注意が必要だ。一方で労働市場では、6月の求人件数が過去最高を更新するなど良好な指標も見られ、今後、経済全体に明るさが戻る可能性も否定できない。こうしたなか、米長期金利はこの先半年間は横ばい圏での推移にとどまると予想する。 ②は、期待インフレ率の目安であり、ドイツ長期金利との正負符号一致率は68

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました