スマホで遠隔地のロボットを操作して農作業ができるシステム「RaraaS」

2017-08-24_00h03_35 IT総合
H2L株式会社と公益財団法人PwC財団は、スマートフォンで遠隔地のロボットを操作し、農業に参加するシステムRaraaS (ララース)を共同開発しました。ゆくゆくは、H2LのBodySharing技術を活用して、人とロボットの感覚共有を可能にするシステムへのアップデートを目指すとのことです。
RaraaS体験会、実施中
「RaraaS」は、「農業従事者数の減少」「都市一極集中型の社会構造」「障がい者
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました