地域差が目立った「麺類」。「そば」は北海道、「うどん」は四国、九州「パスタ・スパゲッティ」は北海道、首都圏で好まれる最新レポート「味の地域差に関する調査2021《味嗜好編》」を発表

2017-08-24_00h03_35 iPhone・android
株式会社日本能率協会総合研究所(東京都港区・代表取締役社長:譲原 正昭)は、20~79歳の男女を対象として「味の好み」をテーマとした自主企画調査を実施いたしました。日本全国47都道府県を10のエリアに分けて、エリア別に「味の好み」や「メニューの好み」、「味付けの好み」を捉えます。<br />
今回は自主企画調査の結果の一部を抜粋してご案内いたします。<br />
<br />
<br />
■調査結果のご紹介<br />
【調査結果1】好きな味として地域差が目立ったのは...
Source: @マーク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました