【無印良品】レトルト郷土料理「ごはんにかける ガパオ」食べてみた! ナンプラーの主張が強くて異国感あふれる味わい!!

iPhone・android
最近、無印良品で人気が出てきている「ごはんにかけるシリーズ」食品。“ごはんにかけるだけ”というお手軽調理で、さまざまな料理を気軽に食べられるところが魅力です!
日本・世界各地の郷土料理をテーマにしているため、家にいながらプチ観光気分を楽しめるのも嬉しいポイント♪ 数多くの種類がある中で、今回は「ごはんにかける ガパオ」を食べてみました!
無印良品「ごはんにかける ガパオ」食べてみた!

こちらが無印良品で売っている「ごはんにかける ガパオ」。鶏ひき肉とタケノコを、バジル・魚醤・オイスターソースで炒めた、タイの定番料理です。
1袋あたりの価格は350円。「ごはんにかけるシリーズ」の商品は290円のものが多い中、ちょっぴり高めな値段設定ですが、その分クオリティに期待です!
1袋あたり292kcalで、ごはんお茶碗1杯分(150g)あたり約240kcalが加わると仮定すると、1食分のカロリーは約532kcal。しっかり栄養が取れるので、昼食・夕食のメインとするのにピッタリですね♪

ガパオの素を温めてご飯の上に乗せるだけでOK!目玉焼きもあればなお良し♪
「ごはんにかける ガパオ」の作り方はめちゃくちゃ簡単。商品名のとおり、温めたガパオの素をごはんにかけるだけです!
袋のまま沸騰したお湯に4〜5分ほど入れて温めるか、深めの耐熱容器に入れラップをかけて電子レンジ(500W)で約2分を目

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました