「グーグル銀行」はなぜ挫折した?「お家騒動」の顛末と、この機に乗じるペイパル

2017-08-24_00h03_35 IT総合
米フィンテック大手のペイパルが、2022年後半以降のリリースを予告していたデジタルウォレット「スーパーアプリ」を、大幅に前倒しの上で、9月に世に送り出した。従来の決済・送金・暗号資産の取引に加え、預金口座という銀行機能を持たせたのが特徴だ。なぜ、ペイパルはこのタイミングでスーパーアプリのリリースを早めたのだろうか。背景には、競合グーグルにおける「お家騒動」という敵失のチャンスに加え、スクエアなどライバルフィンテックとの競争の激化が見え隠れしている。
Source: ソフトバンク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました