AI利用で「失敗しない家庭菜園」 自給自足を促進、滋賀大など研究

2017-08-24_00h03_35 IT総合
専用アプリを使うと、野菜の育ち具合を常時観察できる=大津市平津2の滋賀大教育学部で2021年10月4日午後4時2分、伊藤信司撮影
 ビッグデータやAI(人工知能)を利用し「失敗しない家庭菜園」を目指す共同研究に、滋賀大(本部・滋賀県彦根市)とプランティオ(本社・東京都渋谷区)が取り組んでいる。ビルの屋上やベランダ、学校農園などで確実に収穫をしてもらい、将来的には野菜の自給自足も進めようという壮大
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました