岡三 会田 アンダースロー(日本経済の新しい見方)日本経済ピッチ(政策):キシダノミクス=アベノミクス2.0の稼働

マーケティング
シンカー:新型コロナウィルス問題などに対処するために財政が拡大している。財政拡大によるネットの資金需要の復活と、それを事実的にマネタイズする日銀の粘り強い金融緩和の継続と合わせ、アベノミクスの形が自動的に稼働し、リフレ・サイクルが上振れつつある。2013年の共同声明による政府との共同目標としての2%の物価上昇率達成を目指し、日銀はイールドカーブ・コントロールにともなう柔軟な国債買入れの方針を含むポリシー・ミックスを強調する緩和体制を、政府のデフレ脱却宣言まで粘り強く維持するだろう。感染拡大が続けば、企業・家計の支援の必要性が増し、政府の経済対策の規模と回数も増加するとみられる。2021年4−6月期には財政赤字が縮小し、家計に所得を回す力であるネットの資金需要(企業貯蓄率+財政収支)も縮小してしまい、家計と企業の支援のための財政支出が不足して、リフレ・サイクルが弱くなってしまっている。岸田新内閣では、自民党内の主導権がこれまでの主流派のミクロ政策からリフレ派のマクロ政策に再び移り、財政政策はこれまでの緊縮路線から拡大路線に向かっていく。これまでの「新自由主義」型アベノミクスであるスガノミクスから、「分配・成長型」アベノミクスであるキシダノミクスに変化し、不完全であったリフレ政策が家計に所得を回すようなより完成したもの(アベノミクス2.0)になるだろう。2022年夏の参議院選挙までには

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました