ロレックスとの差別化に成功。チューダーならではの魅力に迫る

マーケティング
「チューダー(TUDOR)」は、「ロレックスの廉価版」のような位置づけを持つ時計ブランドとして、手の届きやすいイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。以前はチュードルと呼称されていたチューダーですが、近年ロレックスから独立したブランドとしての地位を作り上げ、高級腕時計界の一端を担う存在感が出てきました。今回はそんなチューダーのブランドヒストリーと、廉価ブランド時代のロレックスのパーツが使われたモデル、近年のチューダーの独自のデザインを追求したモデルをそれぞれ紹介して、チューダーの魅力に迫ります。目次ロレックスの廉価ブランドとして生まれたチューダー、そのブランドヒストリーロレックスを色濃く映すチューダー3選ロレックスからの脱却。チューダーの独自性を追求したモデル3選チューダーを腕に着けて街に出ようロレックスの廉価ブランドとして生まれたチューダー、そのブランドヒストリー (画像=Wirestock/stock.adobe.com)チューダーの始まりは1926年、ロレックスの創始者ハンス・ウイルスドルフの代理として、腕時計ディーラーで自らも時計師であったヴーヴ・ドゥ・フィリップ・ヒュンターという人物が「The TUDOR」を商標登録したことに始まります。その後、ジュネーブで会社を設立、TUDORのハンス・ウイルスドルフは独占的使用権を得ました。TUDORとは、エリザベス一世の出身で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました