不動産投資に詳しい税理士に依頼するメリット・デメリットと探し方について解説

マーケティング
(画像=studio v-zwoelf/stock.adobe.com)不動産投資で家賃収入を得たり、物件を売買したりすると確定申告が必要です。規模が大きくなれば、法人化などの節税対策も検討しなくてはなりません。不動産投資で安定した収益を得るには、税の専門家である税理士とうまく付き合うことが大切です。今回は、不動産投資に詳しい税理士に依頼するメリット・デメリット、探し方、注意点について解説します。そもそも税理士とは?税理士とは、国家資格を持つ税の専門家です。納税者から依頼を受けて、主に以下の業務を行います。税務代理:確定申告、青色申告の承認申請、税務調査の立ち合いなど税務書類の作成:確定申告書、青色申告承認申請書などの作成代行税務相談:税金に関する相談業務会計業務:財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行税理士に依頼すると、帳簿書類や確定申告、税務書類の承認申請などを代行してもらえます。また、税金についてわからないことがあれば、アドバイスを受けることも可能です。「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の3つは税理士の独占業務で、税理士以外の人が行うと法律違反となります。また、税理士業務に付随して会計業務も行うのが一般的です。税理士の顧客は主に中小企業や個人事業主で、不動産投資に関する確定申告にも対応しています。不動産投資で税理士に依頼するメリット税理士に依頼しなくても、不動産投資を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました