ViacomCBSがNFTスタートアップRecurとの提携でNFTに参入、普通のカードでも購入可

2017-08-24_00h03_35 IT総合
メディアコングロマリットのViacomCBS(バイアコムCBS)がNFTに参入する。NFT(非代替性トークン)はブロックチェーン上に保存された所有権にリンクしたデジタル資産だが、デジタルアートやコレクターズアイテムの売買によく使われており、その潜在的な市場が注目されている。ViacomCBSは、NFT企業であるRecurと提携し、2022年から同社の象徴的なIPやフランチャイズをデジタルコレクターズアイテムの世界に導入することを発表した。これには、CBS、MTV、Showtime(ショウタイム)、Paramount Pictures(パラマウント・ピクチャーズ)、BET、Nickelodeon(ニコロデオン)、Comedy Central(コメディ・セントラル)といったViacomCBSのトップブランドの番組や映画の商品やコレクターズアイテムが含まれる。
このプロジェクトの詳細については同社は多くを明らかにしていないが、ファンが同社のポートフォリオに含まれるNFTを購入、収集、取引できる場所を作ることになると述べている。また、このプラットフォームは「ピア・ツー・ピアのエンゲージメントを促進し、ユーザーが新しい体験をするための革新的な方法を促進する」とも述べており、マーケットプレイスの側面だけでなく、新しい体験にはソーシャルな要素があることを示唆している。
最近、5000万ドル(約5

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました