カルティエ現代美術財団 が日本で始動!『横尾忠則:The Artists』展開催

マーケティング
カルティエ現代美術財団が、六本木の東京ミッドタウン内の21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3にて10月17日まで「横尾忠則:The Artists」展を開催中です。カルティエ現代美術財団とは カルティエ現代美術財団は、1984年にジュエラーのカルティエによってパリで創設された財団です。これまで科学、映画、ダンス、デザインなど多様なテーマで美術展を企画するとともに、50ヵ国500人のアーティストによる2,000点以上のコレクションを所蔵しています。過去には横尾忠則、森村泰昌、荒木経惟、宮島達男、村上隆、森山大道、杉本博司、川内倫子といった14人の日本人アーティストの展覧会を開催しており、フランスをはじめとするヨーロッパの社会に向けて日本のカルチャーやアートシーンを紹介するにあたって、中心的な役割を担ってきました。日本が誇る世界的アーティストとして本展の主役である美術家の横尾忠則は、日本を代表するアーティストです。その唯一無二の色使いと、独特の世界観で絶大な人気を誇っています。横尾は1936年、兵庫県に生まれました。神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、イラストレーターとして独立し、日本の土俗的なモチーフとポップアート的な感覚をミックスさせた独自の表現で注目を浴びるようになります。69年にパリ青年ビエンナーレ版画部門大賞を受賞。72年にはニューヨーク近代美術館で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました