ジープの人気コンパクトSUV「コンパス」が4×4搭載&リーズナブル価格で限定販売

マーケティング
ジープの人気コンパクトSUVのコンパスに高効率な4×4を採用したうえで車両価格を抑えた特別仕様車「コンパス・ロンジチュード4×4」を設定。販売台数は240台限定 FCAジャパンは2021年10月5日、ジープのコンパクトSUVの「コンパス(Compass)」に特別仕様車「コンパス・ロンジチュード4×4(Compass LONGITUDE 4×4)」をラインアップし、10月16日より販売すると発表した。車両価格は419万円の設定で、販売台数は240台の限定だ。▲ジープ・コンパス・ロンジチュード4×4 価格:9SAT419万円 全長4420×全幅1810×全高1640mm ホイールベース2635mm 車重1600kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費11.5km/リットル 写真のボディカラーはブライトホワイトC/Cで、販売台数は限定100台 今回発売するコンパス・ロンジチュード4×4は、タウンユースをメインとする4×2(FF)モデルのコンパス・ロンジチュードをベースに、高効率な4×4システムやオフロード機能を採用することで、アーバンシーンからオフロード走行まで幅広い用途に応える高い走破性を確保。また、車両価格を通常グレードの4×4モデルであるコンパス・リミテッド(LIMITED)の449万円よりも安く、かつ通常グレードのロンジチュード比で20万円アップに抑えた419万円に設定し、買い得感

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました