リモートワークの必需品! 書類を手軽にデータ化できるPFUの小型スキャナー「ScanSnap iX1300」

ガジェット総合
PFUは、両面読み取り式の小型スキャナー「ScanSnap iX1300」を10月8日に発売しました。本体カラーはホワイトとブラックの2色を用意。直販価格は3万5200円(税込)。
↑ScanSnap iX1300
 
ScanSnap iX1300は、「Uターンスキャン」「リターンスキャン」の2種類のスキャン方法に対応し、様々な書類をスピーディーにスキャンできるのが特徴。
↑2種類のスキャン方式を使いわけられます(説明するのは同社 取締役 執行役員常務の宮内康範氏)
 
原稿をスキャナー上部から給紙する「Uターンスキャン」は、複数枚の書類を連続スキャンするのに最適。A4カラー両⾯原稿を毎分30枚・60⾯で連続スキャンできるので、大量の書類もサクサク電子化することができます。
↑高速読み取りが可能な「Uターンスキャン」
 
「リターンスキャン」は、名刺やカード、写真、⼆つ折りの原稿などをスキャンするのに最適で、カバーを閉じたままでも⼿軽に使えるので、思いついたときにいつでも手軽にスキャンすることができます。
↑「リターンスキャン」は様々な原稿に対応します
 
本体にはWi-Fiを内蔵しており、スキャンしたデータをワイヤレスで転送可能。専用ソフトやアプリを利用することで、スキャンしたデータを直接クラウド上にアップしたり、スマホやノートPCなどに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました