カスタムサラダのトップランナー「クリスプ・サラダワークス」が仕掛ける「やろうと思ってもなかなかできない」メニュー

ガジェット総合
コロナ禍で、消費者の健康志向が高まっているといわれる昨今。思い当たる人もいるでしょうし、筆者もそのひとりです。そこでいっそう注目しているのがサラダ。都内を中心に専門店も増えていますが、一歩先行くサービスを次々とリリースしているのが「クリスプ・サラダワークス」です。
 
↑「クリスプ・サラダワークス 吉祥寺店」。吉祥寺駅北口から徒歩5分ほどの場所にあり、同店を含め現在19店舗が展開されています(2021年10月時点)
 
そんな新サービスのひとつが、ファン愛用のカスタムサラダのメニュー化。この発案理由を中心に、“中の人”へインタビューを行いました。併せて、カスタムサラダの最前線をレポートします。
 
クルトンのパンは店舗で焼く。味のこだわりがスゴかった
対応してくれたのは、運営元であるCRISPの山田悠貴さん。創業メンバーのひとりで、店舗での接客から社内コンテンツの動画撮影・編集まで手広く活躍しています。「まずはサラダの概念を破る、うちのおいしさの秘密を知ってください!」ということで、ただならぬサラダへのこだわりを教えてもらいました。
 
↑山田悠貴さん。CRISPの中では“レジェンド”と言われるほど同社を知り尽くす存在とのこと
 
同社のこだわりは、野菜をはじめとする原材料の鮮度管理や調理法はもちろん、各トッピングの味付けなど随所に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました