Google マップは日本の影響を強く受けたサービスだった

ガジェット総合

いまや、多くの人の日常生活に欠かせない存在となっている地図アプリ。昼ご飯を食べるお店を探す時から、旅先の観光スポットへの道順まで、さまざまな場所へ案内してくれる、心強い存在です。そんな地図アプリの代表的存在ともなっている「Google マップ」は、2005年にパソコン(Webブラウザー)向けのサービスとして登場して以来、常に機能改良を重ねて、進化を続けてきました。
 
Google マップは世界中で提供されているサービスですが、その進化の源には日本ならではのアイデアが多く取り入れられています。今回、Google 日本法人が2021年9月で創立20周年を迎えることを記念して、Google マップの日本における開発責任者を務める後藤正徳氏にインタビューを敢行しました。
↑技術開発本部長の後藤正徳氏。2006年 Google 入社以来、Google マップの初期から、Google における地理情報に関する製品全般の技術開発に携わり続けています
 
Google マップは、地図サービスを開発するベンチャー企業のWhere 2 Technologiesを買収し、Webブラウザーで表示する地図としてスタート。その後、街中の写真を見られる「Google ストリートビュー」「衛星写真サービス」「インドアマップ」などさまざまな機能を追加しています。さらに、スマホの普及とともにモ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました