レッスンプロが伝授! ゴルフで親指や手首を痛めない「脱力の技術」とは?

ガジェット総合
ゴルフをしていて「手首が痛くてクラブが振れない!」。そんな経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか? ゴルファーにとって怖いのが、手首の付け根あたりが痛くなる「腱鞘炎」です。ひどくなるとクラブを振れなくなるばかりか、日常生活に支障をきたすおそれがあります。楽しくゴルフを続けるためにも、痛みの原因を知ることが大切です。
 
そこで今回は、レッスンプロの土手陸さんに、親指や手首が痛くなる原因と予防法についてお話をうかがいました。併せて、スキマ時間に簡単にできる親指・手首痛を予防するストレッチも紹介します。ぜひ参考にしてください。
 
レッスンプロ/土手 陸(どて・たいら)さん
1991年生まれ、広島県出身。24歳でゴルフを始め、現在は森守洋コーチが主宰する「東京ゴルフスタジオ」でアマチュアからプロまで幅広くレッスンを行い、さらに京都でも「ゴルフギアベースD-UP」の代表を務めている。研究熱心でスイングとギアに深い造詣を持ち、プレーヤーとクラフトマン、両視点からの指導に定評がある。
 
アマチュアゴルファーに手首のケガが多い理由
―――4月に、プロゴルファーの松山英樹選手がマスターズ優勝を成し遂げました。その松山選手も以前、手首を痛めて大会をリタイアしたことがありましたが、ゴルフで手首をケガする人は多いのでしょうか?
 
土手「たくさん

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました