【コロナ禍で読むアナキズムな生き方】アナキズムに関するブックガイド・大正期アナキストの評伝の2冊を同時刊行(発行元:株式会社皓星社)

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
株式会社皓星社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:晴山生菜)は、2021年10月22日(金)、田中ひかる編『アナキズムを読む―〈自由〉を生きるためのブックガイド』と、多田茂治著『大正アナキストの夢―渡辺政太郎とその時代』を同時刊行いたします。近年、抑圧・分断・格差の解消を訴え、世界各地で市民によるデモが行われています。また、世界的なパンデミックのなかで、人々が何かと不自由で生きづらい世の中になっています。そこで注目されているのが「アナキズム」の生き方や考え方です。『アナキズムを読む』は、アナキズムの考え方とその歴史を解説するとともに、アナキズムに関する著作を紹介するブックガイドです。『大正アナキストの夢』は、貧苦のなかで理想社会を追い求めたアナキスト・渡辺政太郎の生涯を描く評伝です。私たちは私たちらしく生きるためにどうしたらよいか。不透明な未来を照らす生き方と考え方を読んでいただきたいと考えています。【アナキズムを読む―〈自由〉を生きるためのブックガイド】国家や資本主義、社会の規範や慣習、そして身近な人間関係や家族。あらゆる支配・抑圧から脱する思考と実践を手がかりに、みんなが生きやすい社会を構想し、自分らしい生き方を探る〝希望と解放〟の読書案内!今こそ読むべき名著から話題の新刊まで55の厳選ブックガイドと、多彩なコラム・エッセイを収録。荻原魚雷、卯城竜太、姜信子、斎藤真理子、鶴

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました