いつFRBは「利上げ」すべきか? タイミングを間違えば「米経済はどん底」と言えるワケ

2017-08-24_00h03_35 IT総合
コロナからの景気回復やサプライチェーンの乱れ、エネルギー確保に向かう中国など、現在あらゆる外部要因により石炭や石油・天然ガス価格の高騰が続いており、世界のインフレ率上昇につながっている。足元では、米国の中央銀行である米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和の縮小(テーパリング)の方針を示し、その後の「利上げ」のタイミングに注目が集まっている。タイミングを間違えれば、経済停滞を招いてしまう可能性すらある利上げだが、米国はどのような条件がそろった時に、利上げに踏み切るべきなのか。
Source: ソフトバンク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました