現代自動車が独自の半導体チップ開発を計画、世界的不足対策で

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Hyundai Motor(現代自動車)のグローバルCOOであるJosé Munoz(ホセ・ムニョス)氏によると、同社は半導体メーカーへの依存度を下げるため、独自の半導体チップ開発計画を発表する。
パンデミックの影響で自動車の販売台数が減少し、自動車メーカーは一時、受注を停止した。同時期に、電子機器メーカーは、ノートパソコンやゲーム機などの需要増に対応するために生産を拡大しており、チップを買い漁っていた。消費者が再び自動車購入に向かうと、自動車メーカーは世界的な半導体不足に見舞われ、Tesla(テスラ)とトヨタを除くほとんどのOEMメーカーが生産ラインを休止し、自動車販売の低迷を招いた。また、ほとんどの自動車メーカーが電気自動車への移行を積極的に計画しているため、チップの必要性がかつてないほど高まっている。現代自動車以外では、TeslaやGeneral Motors(ゼネラルモーターズ)が自社でチップを生産し、中間業者を排除する計画を発表した。
関連記事
・テスラ第3四半期の販売台数は半導体不足にもかかわらず過去最多24万1300台
・GMがシボレー・ボルトEVの生産停止を10月中旬まで延長
・ロボット、チップ、完全自動運転、イーロン・マスク氏のTesla AI Dayハイライト5選
ロイター通信によると、現代自動車の前四半期の販売はそれほど苦戦しなかったものの、ムニョス氏は「最も

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました