京都のアート写真フェスKYOTOGRAPHIE 2021の見どころは!?

マーケティング
東日本大震災から10年という節目を迎えた今年、私たちはコロナの流行という未曽有の事態に見舞われています。コロナの影響で次々とクリエイティブなイベントが中止・延期される中、京都のアート写真フェス「KYOTOGRAPHIE 2021」が今年も開催されることとなりました。今だからこそぜひ参加したいKYOTOGRAPHIE 2021の見どころをご紹介します。KYOTOGRAPHIEとは? (画像=mtaira/stock.adobe.com)「KYOTOGRAPHIE」とは、2013年より京都で開催されている国際写真祭です。京都らしい神社仏閣や近現代建築を舞台に写真を展示し、写真表現そのものの可能性を模索してきました。ただの写真祭にとどまらず、環境問題や社会問題にも積極的なアプローチをしてきたKYOTOGRAPHIE。写真を通して、よりよい社会とは何か?という問いを人々に投じています。過去8回の開催で、来場者は約100万人。コロナの影響で会期や会場の変更、スポンサーの撤退などに見舞われた2020年の開催では、30日間で約14万人の来場者を記録しました。今年の開催期間は9月18日~10月17日の予定。写真の展示のほか、写真界の第一線で活躍するアーティストによるマスタークラスや、キッズ向けの教育プログラムなど、プロもアマも大人も子どもも能動的に参加できる写真祭として注目を集めています。KYO

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました