【羊飼いのFX突撃取材】資源国通貨/円が続伸していることが米ドル/円を113.70円レベルに押し上げている

マーケティング
2021年10月15日8時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ※チャート付き)現在の為替相場の傾向や相場観 (画像=PIXTA)昨日14日(木)の米国株は主要3指数ともに上昇。S&Pは3月以来の大幅高で引けている。発表された企業決算が市場予想を上回るものが目立ったほか、米経済指標も安心感を与える内容。特に目立ったのは米金融機関の決算が好調だったことだ。モルガン・スタンレーと、シティバンクではトレーディング収入が予想を上回る結果に。加えて、モルガン・スタンレーでは投資銀行部門の収入も過去最高!バンク・オブ・アメリカではM&Aの増加などを背景に助言手数料収入が増えているようだ。本日15日(金)にはゴールドマン・サックスの決算が発表されるが、こちらも好調な内容が予想されている。現在の為替相場の戦略やスタンス米金融機関は景気が良い一方、米国債市場では特に7年債や10年債が買われ、10年債利回りは1.51%近辺に低下。この金利の低下は米ドル/円にとってネガティブ。一方、オクラホマ州クッシングにある貯蔵施設が6月以来の大幅な在庫減を記録したことが手掛かりとなりNY原油は反発。WTI先物は1.2%上昇し、81.44ドル/バレルでクローズ。総じて商品相場が上昇したことを背景に資源国通貨が急騰。豪ドル/円は短期的目標の85.00円目前の84.41

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました