手袋にランプの技術を投入!? パナソニックが「やわらかいのに切れない手袋」を発売

ガジェット総合
↑パナソニック「タングステン耐切創手袋 手のひらゴムコート無し」(1821円・税込)
 
パナソニックは、タングステン細線化技術を応用した耐切創手袋「タングステン耐切創手袋」を10月21日に発売します。直販ストア価格は、手のひらゴムコート無しが1821円(税込・以下同)、手のひらゴムコート有りが2000円。サイズはそれぞれS、M、L、LLの4種類を用意しています。
 
薄くて柔らかいのに高い耐切創性を持つ
そのタングステンを使用した本製品は、最高レベル(※)の耐切創性(切れにくい機能性)を持ち、薄くて柔らかいのが特徴です。そのため、指の曲げ伸ばしがスムーズに行えるので、作業の邪魔をしません。耐久性が高いため洗濯をしても毛羽立ちにくく、速乾性があるのもメリット。
※欧州規格 EN388:2016(ISO13997)基準。耐切創レベルE…手のひらゴムコート無し、耐切創レベルF…手のひらゴムコート有り
 
↑パナソニック「タングステン耐切創手袋 手のひらゴムコート有り」(2000円・税込)
 
さらに、手のひらゴムコートがあるモデルでは、耐油性・耐摩耗性・引き裂き強度に優れたニトリルゴムを採用。グリップ力が必要なシーンで活躍します。薄くて柔らかいのに、手をしっかりと守ってくれる「タングステン耐切創手袋」。工事や製造現場でのプロユースとして使えるほか

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました