フェイスブックが「Meta」に社名変更、メタバースを中核事業に

2017-08-24_00h03_35 IT総合
正式発表だ。Facebook、Instagram、WhatsApp、Oculusを擁するソーシャルネットワーキングの親会社は、17年間にわたって「Facebook」と呼ばれてきたが、社名を新しくした。
Facebookの社名は「Meta」になった。
Facebookの生みの親であるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏は、AR / VRに特化したイベント「Connect」でこの変更を発表し、新しい社名はメタバースを構築するという会社の中核的な野心を表していると語った。
関連記事FacebookのザッカーバーグCEOいわく「我々の目標は、メタバースが10億人に到達するのを助けること」米国会議員がSnap、TikTok、YouTubeに対して子供と安全に関する公聴会を開催フェイスブック第3四半期は売上未達、今後AR/VRの売上は新設部門に「我々が何者であるか、何を構築したいかを反映するために、当社がMetaになったことを発表できることを誇りに思います。我々の使命は変わりません。人々を結びつけることです。我々のアプリケーションやブランドも変わりません」とザッカーバーグ氏は述べた。「これからは、Facebookファーストではなく、メタバースファーストでいきます」。
この名称変更は、Facebookにとって都合の良い時期に行われた。絶えず自社に対する反発に直面しており、特

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました