金利が上がると、逆に債券価格は下がるのはなぜ?

マーケティング
『図解即戦力 債券のしくみがこれ1冊でしっかりわかる教科書』より一部抜粋(本記事は、土屋 剛俊氏監修の書籍『図解即戦力 債券のしくみがこれ1冊でしっかりわかる教科書』=技術評論社、2021年8月26日刊=の中から一部を抜粋・編集しています) (画像=Maximusdn/stock.adobe.com)金利が上がると債券価格が下がるのはなぜ? (画像=『図解即戦力 債券のしくみがこれ1冊でしっかりわかる教科書』より)債券を現金化したいときを考えてみよう発行された債券の価格は、さまざまな要因で変動します。なかでも、そのときの金利、将来の金利の見通しに大きく影響されます。わかりやすく、毎月発行されている国債を例に説明しましょう。同じ5年の固定利付国債で、利子が2%のものと3%のものがあったら、あなたはどちらを買うでしょう? 間違いなく3%のものを買いますよね。では、あなたは利子2%の国債をもっていて、現金化するため売りたいとします。そのとき金利が上がっていて、今月は利子3%の国債が発売されるとしたら、買った価格では売れないことはわかるでしょう。利子3%の国債と利回りが同じになれば買ってくれる人がいるかもしれません。利子が低い分は償還差益で補うようにします。つまり販売価格を下げるしかありません。逆に、売るときに今月の国債の利子が1%に下がっていたとします。利子2%の国債はプレミアムがつ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました