ACSL、マレーシアでのドローン試験飛行1000時間達成–鷲谷社長「レベル4実運用シーンを想定」

2017-08-24_00h03_35 IT総合
国産ドローンメーカーのACSLは2020年12月から2021年9月にかけて、自社設計・開発した汎用機体「ACSL-PF2」を5機使用し、マレーシアにいる現地オペレーターと完全遠隔で協業して、累計1000時間に及ぶドローン試験飛行を実施した。
Source: シーネットジャパン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました