今年1年で最も輝いた技術責任者を決める「CTO of the year」に登壇する6人のCTOを紹介

2017-08-24_00h03_35 IT総合
TechCrunch Japanは、今年1年で最も輝いたCTO(技術責任者)を決める「TechCrunch Japan CTO of the year 2021 powered by AWS」を12月2日に開催する。
CTO of the yearはTechCrunch Japanが主催する年に1度のイベントだ。同イベントでは、スタートアップ企業のCTOによるピッチコンテストを開催して、技術によるビジネスの貢献度を審査する。独自性、先進性、業界へのインフルエンス、組織運営などを評価対象として今年1年で最も輝いたCTOを選出する。本稿では、同イベントに登壇する6人のCTOを紹介しよう。
参加申し込みはこちら
スマートバンク共同創業者兼CTO 堀井雄太氏
新卒で株式会社VOYAGE GROUPに入社し、エンジニアとしてメディアや広告配信基盤の開発に携わった後、2012年に日本初のフリマアプリ「フリル」(現ラクマ)を開発する株式会社Fablicを創業し開発やサービスのグロースに従事。同社の楽天へのM&Aを経て、2019年に2度目の起業で現職。CTOとして開発部門の責任者を務めつつ、決済基盤やカード発行基盤の開発を担当。
DATAFLUCT CTO 原田一樹氏
大手SIerでAWSやAI、IoTなど活用した先進技術の実証実験、技術コミュニティ牽引などを経験。
その後、日本マイク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました