企業買収の相場はわかる?企業価格算定に使う3つの方法を解説

マーケティング
(画像=Ngampol/stock.adobe.com) 内山 瑛(うちやま・あきら) 公認会計士。名古屋大学法学部在学中に、公認会計士試験に合格。新日本有限責任監査法人に入所し、会計監査・コンサルティング業務を中心に研鑽を積む。2014年に同法人を退所し、独立。「お客様の成長のよきパートナーとなる」ことをモットーに、記帳代行・税務申告にとどまらず、お客様に総合的なサービスを提供している。近年は、銀行評価を向上させる財務コンサルティングや内部統制構築支援、内部監査の導入支援にも力を入れている。 企業買収において相場を把握したい経営者は少なくないだろう。企業買収の意思決定においては、買収に際して支出した価格を何年で回収できるかが非常に重要だからである。本記事では、企業買収の相場を把握するために必要な企業価値算定の3つの方法について解説する。目次企業買収の相場は個別性が高いため明確ではないコストアプローチによる企業価格の算定コストアプローチの特徴コストアプローチのメリットコストアプローチのデメリットインカムアプローチによる企業価格の算定インカムアプローチのメリットインカムアプローチのデメリットマーケットアプローチによる企業価格の算定企業買収の相場は算定方法を元に判断しよう企業買収の相場は個別性が高いため明確ではない企業買収の価格相場は、上場企業であれば株式の時

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました