田中みな実インタビュー「加瀬さんの言動にはキュンキュンしっぱなし」『最愛』

ガジェット総合

殺人事件の重要参考人となった女性実業家・真田梨央(吉高由里子)と、彼女を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平)、そして梨央を支える弁護士・加瀬賢一郎(井浦新)を中心に描かれるサスペンスラブストーリー『最愛』(TBS系 毎週(金)後10・00~)。今回はフリーランスのノンフィクションライター・橘しおりを演じる田中みな実さんに、しおりを演じる上での心境や現場でのエピソードなどを語ってもらいました。
 
◆今回演じる橘しおりは、どのようなキャラクターですか?
孤独なフリーのノンフィクションライターです。目的に向かってまっすぐで社会性を手放したような人。手段を選ばず、アウトロー。証拠を手に入れるためには、窓を割ってまで建物内に侵入するような危険な人物です。自分の命も惜しくないほどの覚悟で真田グループと梨央に迫ります。
 
◆新井順子プロデューサーや塚原あゆ子監督とは、どのようなことをお話されましたか?
衣装合わせの時、お2人からは「田中みな実さんらしさを全面的に消してほしい」と言われました。のちに、橘しおりという人物の過去、梨央に執着する理由を聞いて自分なりにすごく考えました。考えすぎて、役を固めすぎて、肩に力が入っていたことは自覚しています。完全オリジナルの脚本で、先がよめない中で人物の心情を想像するのは容易ではありませんでした。しおりの出演シーンは本筋と離れたところで描か

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました