コロナ禍のさなかに…梅毒患者が過去最多 異性間の感染53%

2017-08-24_00h03_35 IT総合
(イメージ写真)点滴
 沖縄県内で今年確認された梅毒の患者数が21日時点で77人(男性58人、女性19人)となり、感染症法による全数報告が義務付けられた1999年以降で最多を更新したことが分かった。エイズウイルス(HIV)との重複感染も17人いた。県ワクチン接種等戦略課は「早期発見・早期治療が重要。パートナーと一緒に検査を受けて」と呼び掛けている。
 女性の感染者19人もこれまでで最多。特に20
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました