6カ月で3回目接種 基準厳格化

2017-08-24_00h03_35 IT総合
政府が新型コロナワクチンの3回目接種について、2回目との間隔を例外的に6カ月に短縮できるケースを厳しく限定する判断基準をまとめたことがわかった。クラスター(感染集団)が発生した医療機関や高齢者施設の利用者や従業員らに限る。
Source: ヤフーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました