ジンコソーラーが中国石化と深く提携、18基の分散型太陽光発電プロジェクトを建設完成

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
2021年11月24日、ジンコソーラーは中国石化が浙江省嘉興市で運営している18基のガソリンスタンドに太陽光発電設備を設置したと発表した。この太陽光発電設備が生産した電力は、全部常用電源として運転され、ガソリンスタンドのカーボンゼロを実現する。このプロジェクトは是中国石油化工股份有限公司の100%子会社とする中国石化?售有限公司に属するガソリンスタンドのモデルプロジェクトである。斯帝特エネルギー株式会社(Zhejiang Sidite New Energy Co., Ltd.)がプロジェクトの建設を引き受けし、18基のガソリンスタンドの太陽光発電モジュールが全部ジンコソーラーから提供される。今のプロジェクターが採用されたモジュールはジンコソーラーの両面二重ガラスの高効率太陽光パネルである。この両面二重ガラスモジュールは防火CLASS A級認証を取得し、ガソリンスタンド全体の安全性を効果的に保証すると同時に、より高い発電量があるため、各稼働環境において耐荷重性、機械的安定性が更に優れている。世界各国で「脱炭素化」に向けた技術開発が進む今では、中国石化とジンコソーラーは既にソーラー水素製造に関する戦略的提携を実現した。今回18基ののガソリンスタンド分散型太陽光発電プロジェクトが完成するにつれて、中国石化とジンコソーラーも新エネルギー多数の領域に対して事業を深く展開するつもりである。20

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました