会社が数値をタイムリーに出せない2つの理由

マーケティング
本記事は、川崎晴一郎氏の著書『秒速決算~スピーディに人を動かす管理会計で最高の利益体質をつくる!~』(技術評論社)の中から一部を抜粋・編集していますなぜ会社は数値検討のタイミングが遅いのか (画像=PIXTA)●会社の数値検討のタイミングが遅いのはもどかしい想像してみてください。あなたは現在ダイエット中です。でも体重計はありません。体重の計測は外注していて、その把握に時間がかかります。今日は8月1日であり、今年の年末までに体重を70キロにすることを目標としています。体重計がないので現在の体重はよくわかりません。1カ月前の7月1日時点の体重が82キロだったということは先週の7月25日にわかりました。毎日の食事を控えめにしながら、通勤で1駅分歩いてみたりと、ダイエットに向けた努力はしているのですが、見た目はそんなに変わっていない気がします。少なくともまだズボンのサイズは変えなくてよさそうです。痩せている実感がそんなにないので思いきって食事の量を減らすか迷っていますが、仕事のストレスも多く、数少ない楽しみである食事をこれ以上制限するのは非常につらい状況です。・日々行っているダイエットの効果は出ているのだろうか?・体重は今何キロで、どれくらいずつ痩せていけば年末に目標を達成できるのだろうか?・そもそも今の体重をタイムリーに測る術はないのだろうか?モヤモヤと戦いながら、目標体重を目指して頑

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました