年金口座獲得につながる情報提供のススメ【第9回】特別支給の老齢厚生年金を受け取っていて65歳になる誕生月が近いお客様

マーケティング
(画像=PIXTA)皆さんのお客様の中には、65歳より前から年金(特別支給の老齢厚生年金)を受給している人もいるはずです。こうしたお客様の中には、「もう年金を受け取っているから、65歳以降も自動的に年金が支給されるだろう」と誤解している人もいるかもしれません。しかし実際には、新たな手続きをすることで初めて65歳以降に老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給を開始することができるのです。今回はこの点を解説するとともに、お客様に対する情報提供のポイントを紹介したいと思います。まずおさらいですが、65歳前からもらえる年金は「特別支給の老齢厚生年金」と呼ばれるもので、昭和60年の法律改正により、厚生年金保険の受給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられたことに伴い、受給開始年齢を段階的にスムーズに引き上げるために設けられた制度です。原則として、昭和36年4月1日以前に生まれた男性および昭和41年4月1日以前に生まれた女性が対象です。65歳前と以降の年金は別であることを説明
Source: ずーおんらいん

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました