最新4Kテレビをプロがジャッジ! ソニー「A9S」は音と映像の一体感がすごい

ガジェット総合
日本のリビングにちょうどいいサイズとして人気が高まっている「48型サイズ」の最新4K有機ELテレビをプロの目線でチェックし採点します。今回はソニー「ブラビア A9S」シリーズの48型モデルを解説します。
※こちらは「GetNavi」2021年9月号に掲載された記事を再編集したものです。
 
私がチェックしました!


AV評論家
藤原陽祐さん
新聞記者、専門誌編集を経て独立。わかりやすい解説と核心を突いた評論で人気を博す。

 
画面から音が出て映像と音が一体化し映画館のような迫力
ソニー
ブラビア KJ-48A9S
実売価格24万2000円
高画質プロセッサー「X1 Ultimate」は、画面内のそれぞれの被写体に応じて最適に高精細化する「オブジェクト型超解像」に対応。より現実に近い質感を再現できる。Android TVを搭載し、映像配信アプリなどを追加できるほか、Googleアシスタントも利用可能だ。
SPEC●チューナー:4K×2、地デジ/BS/110度CS×2●接続端子:HDMI×4、USB×3●サイズ/質量:W1069×H629×D255mm/17.6kg
 
4Kチューナー:2基
HDRフォーマット:3方式
4KVOD:7サービス
音声最大出力:25W
 
↑従来に比べ処理能力が約2倍にアップした高画質プロセッサー「X1

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました