「脳内モニタリングの世界市場予測(~2026年):製品別(付属品、MRI、CT、PET、EEG、EMG、MEG、ICP、電極、ペースト、ゲル)、疾患別、エンドユーザー別」市場調査レポートを取扱開始

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
2021年11月26日H&Iグローバルリサーチ株式会社*****「脳内モニタリングの世界市場予測(~2026年):製品別(付属品、MRI、CT、PET、EEG、EMG、MEG、ICP、電極、ペースト、ゲル、バッテリー、ケーブル、侵襲性)、疾患別(TBI、脳卒中、認知症、癲癇、頭痛、睡眠)、エンドユーザー別(病院、クリニック、ASC)」市場調査レポートを取扱開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「脳内モニタリングの世界市場予測(~2026年):製品別(付属品、MRI、CT、PET、EEG、EMG、MEG、ICP、電極、ペースト、ゲル、バッテリー、ケーブル、侵襲性)、疾患別(TBI、脳卒中、認知症、癲癇、頭痛、睡眠)、エンドユーザー別(病院、クリニック、ASC)」市場調査レポートの販売を2021年11月26日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。脳内モニタリングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***** 調査レポートの概要 *****・日本語タイトル:脳内モニタリングの世界市場予測(~2026年):製品別(付属品、MRI、CT、PET、EEG、EMG、MEG、ICP、電極、ペースト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました