「歩くまち・京都」に向けた駐車マネジメントシンポジウムを12月7日に開催

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
一般社団法人近畿建設協会と一般社団法人 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、東京都中央区)は、『「歩くまち・京都」に向けた駐車マネジメントシンポジウム』を12月7日(火)に開催する。日本有数の観光都市である京都が抱える道路渋滞や歩行環境悪化等の問題に対して、自動車流入抑制や駐車マネジメント等の観点で講演や議論する。参加は無料。
 
 
 
JAPICは、産業・経済や環境・エネルギー、国土・防災などの分野で研究に取り組んでおり、2015年には「国土・未来プロジェクト研究会」を発足させ、安全な国土づくりに向けた提言の公表や、シンポジウム開催などの活動を展開している。
 
 
今回のシンポジウムでは、山田忠史・京都大学経営管理大学院教授による講演、杉原克郎・JAPIC駐車場プロジェクトチームリーダー(エスシー・マシーナリ代表取締役社長)が提言の説明した後、国土交通省近畿地方整備局京都国道事務所、京都市、京都市観光協会、民間企業らによるパネルディスカッションを行う。
 
 
シンポジウムは12月7日の午後1時から4時30分まで。会場参加とオンライン形式での参加となる。申し込みは近畿建設協会ホームページから。参加締め切りは12月3日(金)まで
https://kyokai-kinki.jp/archives/1781

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました