高度・重度難聴者向けのポケット型デジタル補聴器 「HⅮ-34」 を発売

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
                                        2021年11月26日
 
リオン株式会社(本社:東京都国分寺市、代表取締役社長:清水健一)は、高度・重度難聴者向けポケット型デジタル補聴器 「HⅮ-34」 を2021年12月1日に発売します。不快なピーピー音(ハウリング)や大きすぎる衝撃音を抑える機能などを搭載し、デジタルならではのクリアな音質を提供します。
 
■搭載されている主な機能
・騒音抑制(NR) :騒がしい場所でも快適な聞こえをサポートします。
・ハウリングキャンセラー(AFBCα) :不快なピーピー音を抑えます。
・衝撃音低減(PNS) :食器を洗う「カチャカチャ」という音や、ドアを閉める音など不快な衝撃音を抑えます。
・音声強調(SSS) :音の成分を強調し、言葉を聞き取りやすくします。
 
■使いやすさの追求
・ボリュームを真ん中の位置「5」に合わせやすい「ボリュームセンタークリック」や、ボリュームをお好みの位置で固定できる「ボリュームロック」を採用しています。
・単4形アルカリ乾電池使用の薄型設計です。また、単4形ニッケル水素充電池にも対応しています。
・電池のプラス・マイナスをどちらの向きに入れても正しく作動するリオン独自の「おまかせ回路」を搭載し、電池の交換が簡単

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました